細菌性膣症

おりものが増えてしまったり、おりものから異臭がしてしまうといった症状があります。

カンジダや淋菌、クラミジアなどといったウィルスによって発症をしているのではなく、元々人間の中で繁殖をしている菌が、異常繁殖をしてしまったことで発症をしてしまう病気となっています。

ホルモンバランスが乱れている生理中や、免疫力が低下をしている時に、細菌性膣症を発症する割合が高くなっています。