A型肝炎

A型肝炎はインフルエンザの症状と共通した症状がいくつもあります。

潜伏期間は1週間から3週間となっており、潜伏期間中に症状が現れることはありません。

A型肝炎は、飲み物や食べ物から体内にウィルスが侵入するということが多いです。

A型肝炎の感染率は非常に高い状態になっており、日本でも生の牡蠣を食べることによって感染をしてしまうことが多いです。

また、発展途上で水質や食べ物の状態が悪い国にいって感染をするという人も多いです。