B型肝炎

東南アジアやアフリカで感染率が高い病気となっており、東南アジアなどに旅行を言った時に感染をしてしまうという人も多いです。

B型肝炎になると、微熱が続いたり、赤褐色の尿が出る、関節が痛くなる、食欲不振や倦怠感、白目などに黄疸ができるなどといった症状が現れます。

現在、日本でB型肝炎の感染者は、100万人を超えているといわれており、非常に深刻な状況となっています。

検査でGOTやGPTの数値が基準を大幅に超えていたり、黄疸ができている場合、入院をして治療が行われることになります。

大体の場合は3か月ほどで自然治癒力によって回復をします。