C型肝炎

食欲不振や黄疸、尿の色が濃い、倦怠感、発熱などといった症状があります。

性交渉をしたことによって感染をするということもあるのですが、C型肝炎ウィルスの感染率は高くありません。

症状もA型肝炎などと比べると軽いのですが、慢性C型肝炎になってしまい、症状が悪化をしたことによって肝臓がんや肝硬変などの合併症になる場合もあります。

肝臓がんで死亡してしまった人の80%が、C型肝炎の合併症になってしまっているというほど危険なのです。